« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

金閣寺

「おーいお前ら、金閣寺なんか、行くなよ…」

Cimg1289今からもう25年も前になろうか、中学の修学旅行での話。
東京では、修学旅行といえば、ド定番の京都・奈良。
そして、私の年代ではそろそろ、「ご一行様」から「班行動」で見学するのがトレンドになってきていた。
これは、6人程度の班ごとにあらかじめ下調べや準備をして、行きたいところやルートなどを計画し、それに従って行動をするというもの。

自由行動といえども「勉強」で行くので、基本的に寺社仏閣しか巡れなかったし、
事前に計画表を作って先生の許可をもらわなければならなかったから、なんでもアリというわけではなかったけれど。
自分たちで計画し、自分たちだけで、しかも初めての場所を行動するというのは、当時の私たちに非常にエキサイティングな、ドキドキ・ワクワクの体験だった。

さて、当時の学年主任は、あと数年で定年を迎える「イクジイ」というあだ名の社会科教師だった。
最近、孫の面倒を積極的にみるじいちゃんのことを、育児+爺で「イクジイ」と呼ぶのだそうが、
そういう意味では我々はすでに、時代の最先端を見越していたわけダ!
(ちなみに、当時はもちろんそんな意図はなくて、単に名前の一部をとってあだ名にしていたのだけど。)

イクジイは、風流を好むセンセイだった、と思う。
冒頭の、「金閣寺へなんか、行くなよ…」というせりふは、イクジイによるもの。
キンキラキンで悪趣味なだけ、とか、どうせ行くなら銀閣だろう、とか、
あんなのは田舎者のお上りさんがアリガタがるものだ、とか。
(ちなみにイクジイはよく、私たちのことを田舎者と言った。
東京でも多摩地区とよばれるこの地域は、たしかに昭和40年ごろに急速に団地ができてベッドタウンになるまでは、トトロが出没し狸が合戦をしているようなド田舎だった)
言い方は、高圧的なというよりは、アンニュイな感じで、気怠いというか物憂いというか。
独特の「間」と雰囲気のある話し方をするのも、生徒に人気があった理由なのだと思う。

まじめに足が生えたような私は、その言葉をまともに受け、
「金閣寺なんか、行くものか!」と堅く心に誓ったのだったが…。

そうなると、逆に
「金閣って、実際どうよ?」と気になったりもする。
見たらだめ、と言われると見たくなる。田舎者で結構、と開き直りもする。
平成6年には世界遺産にも登録されている。多くの外国人が見に来るのに日本人である自分が見ないなんて…。

…と、なんのかんのと理屈をつけて、とうとう行ってきました。
百聞は一見にしかず。
うん。
写真やテレビなどで見たとおりの、金閣でした。
すごいなー。
派手だなー。

そして、観光客がとにかく大勢、来ておりました!
修学旅行にチャイニーズにコリアンにアメリカーナ(?)に熟年ツアーと多種多様。
人の頭越しに写真を撮る感じでした…。

Cimg1285 Cimg1296
写真左: ほぼ正面から。池の無効に浮かぶ金閣
写真右: 金閣裏側。建物を遮っている松の木を敢えて入れてみました。

中尊寺金色堂しかり、秀吉の黄金の茶室しかり、東大寺の仏像が昔金ピカだったこと等々を思うと、
日本人の心には、「ゴールド」を至上最上の美と考え、建築物を金で飾るという美意識が、確かにあったのかな…などと、モットモラシク思ってみたり。
(あるいはゴールドが好きなのは世界共通で、日本人もまたその例外ではなかったと考えるべきなのか…)
それにしても、これだけ大量の金を屋外に野ざらしにして、夜中に侵入者に剥がされたりしないのかな…と、ツマラン心配をしてみたり。

正直、この後「何度も見たい」とは思うような感覚は湧かなかったけれど、
とりあえず、一度この目で見ておいてよかった、という自己満足。
中学の修学旅行で来るよりかは、今になって来てみて良かったのかな。
もしかしてイクジイは、そのあたりのことも、ちゃんと計算済みだったのかも知れない?!

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

甥っ子の運動会

5/18(土)
千葉に住む、甥っ子(小2)の運動会がありました。
東京の実家に泊まっていた私は、母親と朝7時に家を出て、千葉方面へ。

西武池袋線→地下鉄丸ノ内線→JR総武本線→千葉モノレール

と、乗り換え&乗り換えて、
なんのかんので自宅から3時間近く、かかりました。
思った以上に、結構遠いもんですなぁ…。

甥っ子の運動会を見に行くのは、今回が初めてでした。
学校は、子供の人数が少なくて、実にの~んびりとした雰囲気でした。
父兄もみんなレジャーシートやテントを持ち込んでの応援。

いろいろ写真を撮ったので、この場でお見せしたいのですが、
最近個人情報とか肖像権とか、どこまで意識すれば良いのかわからなくて(悩)

とりあえず、子供と身内の顔は小さくのせてます。

Cimg1236
左から、母→私と妹の三男→妹→妹の次男→妹のご主人(プライバシー処理済)

Cimg1240 Cimg1254
運動会のダンスの様子♪

Cimg1248 Cimg1257
お兄ちゃんのダンスはなかなか上手で、サマになっていました!
一方、4歳の次男はじっとしていられません。
校庭の木に登って、セミになろうとガンバッテいます(笑)

Cimg1241
こちらは3/18に生まれた三男です。
赤ちゃんにしてはしっかりしたお顔立ち。
しかし男3兄弟か…これから食べ盛りの時期まで、賑やかになりそう。
みんな、いい子に育ってね!!

運動会では、PTAの綱引きがあったので、張り切って参加してみました。
しかし、1回勝負とおもいきや、まさかの3本勝負!
年甲斐もなく、かなり本気を出してしまったので、翌日肩から腕にかけて
激痛が…。
服を着るのも「アイタタタッ!」となってしまいました。
(4日後になって、ようやく収まったけれど)
でも、勝てたから、満足。

天気も良くて、少し風が強かったけれど暑過ぎもせず、よい1日でした。
その後また、3時間かけて実家に戻りましたとサ♪
(遠いねぇ~)

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

1通のメールが…

5/16(木)の朝…
この日はいつもより少し早く起きました。
仕事に行くまで時間があったので、たまたま携帯のチェックをしてみたら、
前日の夜中付でメールが入っていました。

差出人は、もう長いこと便りが無くなってしまった昔の後輩君。
「ご無沙汰しております」から始まり、「一応ご連絡しておきます」としめくくられていたその内容は、
15年ほど昔に同じ会社で一緒に仕事をしていた上司の訃報でした…。

ただ、上司といっても、その方は
そのときの、ちょっと複雑な流れで私の上司を任されてしまったため、
直接的に仕事の指示を受けたとか、何かを教えてもらったとか、
個人的に飲みに連れて行ってもらったとかいう間柄ではなく。

なので、取り立てて親しかったというわけではなくて、
グループが変わった後はほとんどお話をする機会もなく、
その後私が会社を辞めて関西に来たりして、
正直、あまり思い出すこともないくらい、疎遠にしていたのです。
(だから、後輩君も「一応ご連絡」だったのかもしれません)

しかし、なんででしょう。
かなり、グッサリ、ショックを受けました。
その先輩が、まだ40代という若さだったこともあるかもしれません。
ほとんど振り返ることの無かった、あの頃の自分が、
「忘れないで!」
と言っているかのように思い出されて…

気が付いたら、当時同じグループだった同期のYちゃんにメールしていました。
彼女とも、もう長いこと年賀状だけの関係になっていたのですが、
これもまた奇跡的に(?)当時のメールアドレスが繋がりました。

実はこの週末は、千葉に住む甥っ子の運動会を見に行くため、
休みを取って上京する予定でした。
新幹線の切符は前もって、10時台の指定席を買っていたのでしたが、
予定を早めれば、何とか告別式に間に合うことが分かりました。

その日は仕事をしながらも、行くべきか、
行かずにおくべきか…?と、少し悩みました。
でも、後輩君のメールがあのタイミングで届いたということは、
そして、Yちゃんに連絡がついて、場所と時間がわかったということは、
行って、きちんとお別れをするべき、ということなのだろう…という
結論に至りました。

そして5/17(金)
8:15の新幹線に乗って、無事に会場に行くことができました。
満面の笑顔で、心から楽しそうにされている故人の写真に対面した途端、
思わず涙せずにはいられませんでした…。
あの頃の自分はグループの中でもちょっと浮いていて、どちらかというと
当時の思い出も、敢えて思い出さないようにしていたところがあったのも事実。
でも、もう少し心を開いて、もっといろいろ、お話をすればよかった、
仕事も、もっと一生懸命やればよかった、
もっと、グループに馴染めるよう、努力すれば良かった…。

東京に住む実家に向かう電車にて、
新幹線に乗っていたときと同様、記憶の糸を辿りながら、
忘れかけていたいろいろなことを、ぽつりぽつりと思い出しました。
今の自分は、当時の自分と変わっただろうか?
もし多少はオトナになって、変わったと考えるのであれば、それはやはり
過去の自分があってこそで、あのときの自分も例外ではないのだろう、
と思いました。
(でもやはり本質は、あまり変わっていないんだろうけど。)

実家に着いて、少しソファに横になっていたら、
左足、右足、そしてまた左足、右足…順番にツリました。
普段足がツルなんて、ほとんどない私なので、ちょっとびっくりしました。
もしかして、先輩が喜んでくれたのかも?!
いやいや考えすぎですね…

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

コウカイ日誌?

昨晩、DVDを飲みながら「あかし」を見ていたら、
ちがった、映画のDVDを見ながら地ウイスキーの「あかし」を飲んでいたら、
ちょっと飲み過ぎたのか?今日は朝から頭が痛くて気持ちが悪い…

「二日酔いだ!」と、夫のkenbohは同情してもくれない
まぁ、二日酔いなら自業自得だから仕方がないか

水を大量に飲んで、とりあえず最低限の洗濯物だけ干して、二度寝…

外は、洗いたての真っ青な晴天が雲一つ無く拡がっているというのに
公園の木々はきらきらと、5月の風にその手のひらをなびかせているというのに

もう、何もかもが嫌になって、
逃げ出してしまいたい気分!

でも、明日になって、また仕事が始まれば、
今の気持ちも少し忘れて
些細なことで笑ったり、
驚いたり、
たわいないおしゃべりに花を咲かせたり
できるだろう…。

そして当面の間、「あかし」には、手をつけずに置こう。

-----
ちなみに映画のDVDは、「終の信託(ついのしんたく)」という作品でした。
良かったです…。
私の祖父の最期と重なるところが多分にあったので、感情移入してしまったせいかもしれませんが。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

5月の映画 -先祖になる-

さて、前回の続き、今日は映画の内容と感想です。

「先祖になる」
Senzoninaru

舞台は、震災後の陸前高田市。津波で多くの家屋が流され、多大な被害が出た地域です。
そして主人公は、山間の集落に住む、佐藤直志(なおし)さん、御年77歳。

震災の映画か…と思うと、見る側はどうも、暗い気持ちになってしまうのですが、
このドキュメンタリーはちがった!!

とにかくこの、格好良くて、チャーミングで、カッコイイじいさんなのデス!
(私、格好いい2回言いました?)

震災後39日目の自宅。
2階まで水が上がってきたという家の中は、物が散乱し、布団の上以外は土足で歩くほかない。でも家は流されず、梁も水平を保っていた。「これが気仙大工の技術!」直志じいさんは胸を張る。
そうはいっても周囲はがれきの山、消防団員だった長男も津波で失った。

役所の人や自衛隊の人が避難所に移るように説得に来るが、頑として聞かない。
「ここは祖先から受け継いだ土地だ。おれは木挽き(木こり)だから、水さえあれば火をおこして煮炊きも出来る。おれはここから離れない、行政の力は借りん!」

まぁなんという頑固じいさんでしょう!
奥さんは正直呆れ顔…、たしかにこんな亭主に付いていくのは大変かナ(笑)

ある日、町内会の寄り合いにて。
「もはや、町内会の活動どころではない。いっそのこと町内会を解体し、積立金をみんなに分配しては」
なんて意見がちらほら。
しかし、ここで直志さんは、
「ここでいくらかのお金を配って解散するのは簡単だけども…。でもおれは、夢だけど、もう一度この土地に、新しい家を建てたい。そしてこの町が元に戻っていくのを見守りたい!!」
と、みんなの前で復興宣言しちゃいました!
もう後に引けなくなったというか、自分を追い込んだのです。

そして、このじいちゃん、有言実行なところがまたスゴイ。
暖かくなって、山が緑に覆われると、荒れ地に蕎麦の種を撒き、土地を借りてさっそく田植えを開始。
そして、山に入っては家を建てるのに使えそうな木を伐りに行く。
で、その様子がまた、見事なまでの美しさ。
まず、幹の下側に、くさびのようなV字型の切れ込みを入れます。そして反対側に回り、先ほどのくさび型の切れ込みに向かって水平に伐ります。すると、どんなに大きな木も、くさびの方にまっすぐ倒れていきます。チェーンソー1本で、これほど正確に伐採できる人も、現在ではそういないはず…。

でもねぇ奥さんが、
愛想を尽かしたのか?出て行っちゃうんですよね。
といっても、すぐ近くの仮設住宅に移ったんですけど。
もし私が奥さんの立場だったら…
うーん、やっぱり仮設に行っちゃうかも。

たしかに、直志さん格好いいし、すごく応援したい気持ちにはなるんだけど。
女性としては、やっぱりご近所さんや友人たちと離れて孤立するのはつらい。
嫁に来た自分としては、どうしてもこの場所に
家を建てたいという気持ちではない…。

なんか、両方の気持ちが、それぞれによく分かるんですよね。
そして、2度目の春を迎え…
直志さんの夢は叶うのか?
奥さんはその後どうなるのか?
続きは映画館で!!

震災映画というより、とっても格好良くて元気で素敵なスーパーじいちゃんの姿を見てみてほしいと思います。
とっても、元気になりますよ。
そして、ちょこっとだけ、切ない。

-----
ここからは少し、まじめな話ですが…
この世代の、こういう強さをもった人、ある意味本当の日本人だなと思ったりします。
以前、別の監督のドキュメンタリー映画に出ていたのですが、報道写真家の福島菊次郎さんと同じにおいがするなぁと思いました。
直志さんと菊次郎さんは、生まれも育ちも全く違うのですが、
ものすごく物腰が柔らかくて、普段は話し方も穏やかなのに、
自分の意志というものをしっかり持っていて、これだけは曲げられない。
そして、有言実行で、ぶれない。

これからは、こういう男性がモテると思います!
世の男性は、必見です!もちろん女性もね♪

参考URL:
先祖になる 公式サイト(http://www.senzoninaru.com/
映写室「先祖になる」上映案内(http://eiganotubo.blog31.fc2.com/blog-entry-374.html

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

元町映画館

神戸の元町に、その名も「元町映画館」という、
ミニシアター系の映画館があることは
何となく知っていたけれど、
ミニシアターというと、やはり地味系が多いというか
(まぁ本来ミニシアターとはそういうものなのだけれど)、
結論からいうと、何とな~くきっかけがなくて。行かずじまいでした。

1月ほど前、職場の友人が
「元町の商店街に、ちっちゃな映画館があるんです!」
と話してくれた。
「本当にちっちゃくて、『ほんとうに映画館?』と思うような建物なんです」
と。このときは急に興味がわいてきたのだが、
でも、「機会があったらそのうち行ってみよう…」と、フェードアウト。

でもって、GWも後半の今日。
今年は、見事にな~んにも予定がなく(!)
昨日(5/3)は風邪を治すために1日中家でごろごろしていたので、
このままだと連休が無駄になってしまうと焦りつつ、
無い知恵をしぼって考えたところ、

ポトリ、と
元町映画館の記憶が。
さっそくネットで検索。見ると、5/4公開開始の映画があるではないか。しかも、監督の舞台挨拶付き!
今まで俳優や監督の舞台挨拶を実際に見たことがなかった。これは貴重な体験ができるかもしれない!!

というわけで、ひとり、ミーハー気分をひっさげて朝から電車に乗って神戸元町に向かう。
小さな映画館とはいえども、行けばわかるだろう…と、詳しい地図を持たずに。
実際に行ってから気づいたのだが、元町商店街を歩くのは、これが2度目。

で、迷う…。

まさか、こんな商店街のアーケードの中にあるわけがないと思って
道を1本はずしたのが運の尽き…。
同じ場所をぐるぐる回って、JRA場外馬券場の警備員の人に何度も場所を聞いて、戻ってきたら、
ほんとうに、商店街の中に、それはあった。
間口も決して広くなく、一見すると本屋さん?のような佇まい。
そして、11時開演なのに、着いたのが5分前。
既にほとんどのお客さんが中に入っており、もう席がない!とのこと。
こうなったら立ち見でもいいから中に入れてもらおうと思ったら、
運良く1つだけ空席があります、と案内され(内心ほっと一安心)、
中央の、ド真ん中の席に落ち着きまして…(。-_-。)

座席数は66、天井も低くて、
学校の、視聴覚教室を思い出したけれど、
この、手作り感たっぷりの小さな映画館に、40,50,60~世代のお客さんが
こうして足を運んで満員御礼なのが、無性にうれしくもあり。

で、また何といおうか。
こういうミニシアターを見に来る客層の、フィーリングが似ているのか、
同じところで笑い、同じところで涙、同じところで「ヘェ~」、と溜息…。

この小さな一体感がまた、心地よくて、
ものすごい充実感、良い時間を過ごせました!!
(この気持ち、判ってくれる人いるかなぁ…)

ちなみに、見た映画は「先祖になる」というドキュメンタリー映画。
こちらの感想は次回に。

参考URL:元町映画館(http://www.motoei.com/

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »