2013年6月29日 (土)

食べ歩きドライブ

どこか遊びにでかけるとき、そこで美味しい物に出会えたかどうかで、
その日の充実感が全く違ってしまいます。

単純だけど、
そこで食べたご飯がおいしかった → いい日
ごはんがあまりおいしくなかった → 悲しい日
というコト。

今日は、夫のkenbohと車で久しぶりのランチ。
kenbohが気になっていたという和食のお店におじゃましました。

和風料理店 ゆんたく (加東市)

和食にほんの少し沖縄料理のエッセンスを加えた感じ?でした。
イチオシメニューはいろんな物が少しずつ食べられる\1,575の「ゆんたく」のようでしたが、
まぁここは少し節約して、私は\1,280の「さしみ定食」、kenbohは\1,100の「天ぷら定食」にしました。

結果: → 

ごはんはつやピカ、みそ汁の出汁もおいしく、お刺身も丁寧に切っていて天ぷらもサクサクしていましたが…、
選んだメニューのチョイスが悪かったのもしれませんが…。
あぁでもやっぱり、決定的に量が少なかったです!
私自身そんなに沢山、量を食べる方ではないのですが、それでも…です。
メインのお刺身や天ぷらが、付け合わせ?ぐらいのボリュームでしたので、運ばれてから10分くらいで食べ終わってしまいました。

車に乗って帰りながら、「そう言えば、来る途中に良さそうなお蕎麦屋さんがあった!」と思いだし、寄ってみることに。
それほどお腹がすいていたのです。
そのお店は、加古川線の「小野町駅」の駅舎内にありました。

ぷらっときすみの (小野市)

2時すぎでしたが結構お客さんが入って繁盛していました。
池上彰サンや戦場カメラマンの渡辺サンの写真が貼ってあり(人気店かも)、
私はとろろ蕎麦\700、kenbohはおろし蕎麦\600を大盛りで→\950
大盛りは\350upですが、二人前くらいの量でした!

その結果: → 

関西に来てからというもの、なかなかおいしいお蕎麦に出会うことが無かったのですが、
ここのお蕎麦は麺ががしっかり黒くて、コシがあって、つゆも濃いめで私好みでした。
またお店の雰囲気も、変に気取ったりしていなくて居心地が良かったです。

帰りに、手作りヨーグルトのお店があるというので立ち寄ってみました。
私は知らなかったのですが、TVなどでも紹介されている有名店らしいです。

陽子の手作りヨーグルト

小さな置いてあるのは、パックに入ったヨーグルト(大)・(小)と
飲むヨーグルトの3種類のみ。
とりあえず初めてなので、飲むヨーグルト\150を4本買って帰りました。

家に帰って飲んでみたら、濃厚すぎず、わりとスーッとお腹に入っていく感じで、
やや酸味があるものの甘さはほとんどなく、すっきりとした味わいでした

~~~ここから先は、食品や健康に興味のある方向けです~~~~~

陽子さんとおぼしき女性の方が、「こちらは初めてですか?」と聞かれたので
「はい」と答えたところ、
「一般にお店で売られているヨーグルトは脱脂粉乳が使われていることが多く(乳製品と表示されている)、こちらのように生乳を使って作っているところは少ない」ということや、
「生乳を使った物はコストが高く上質なので、一般に売られているものよりも値段が高くなってしまう…その分味や栄養価が格段に違う」
などといったことを話してくれました…(ま!セールストーク上手!?

原材料の表示を見たら、生乳と果糖のみでした。シンプルですね。

ちなみに大手メーカーの「ブル○○○ 飲むヨーグルト」は、
 ・乳製品、 ぶどう糖果糖液糖、 砂糖、 安定剤(ペクチン)、 香料 でした。
健康のためにせっせとヨーグルトを摂取しても、脱脂粉乳と大量の砂糖を取り込んでいるようでは、意味がありませんね。

ついでに新潟県から全国区に拡がった、高級メーカーの「ヤ○ダヨーグルト (ドリンクタイプ)」は、
 ・生乳、 ぶどう糖果糖液糖、 乳製品

こちらは、生乳を使用している点が大きく違いますが、脱脂粉乳も若干使われており、またブル○○アと同様「ぶどう糖果糖液糖」が使われています。
これは、安価なでんぷんから作られた安価な糖類。コーンシロップのようなもので、砂糖よりも血糖値を急激に上げる性質があり、糖尿病の原因となりますので注意が必要です。

結論:
 ヨーグルトはあくまで嗜好品!無理して摂取するべからず。
 どうしても食べたいときは、できるだけシンプルで良質な物を食べるべし!!

| | コメント (2)

2013年5月27日 (月)

金閣寺

「おーいお前ら、金閣寺なんか、行くなよ…」

Cimg1289今からもう25年も前になろうか、中学の修学旅行での話。
東京では、修学旅行といえば、ド定番の京都・奈良。
そして、私の年代ではそろそろ、「ご一行様」から「班行動」で見学するのがトレンドになってきていた。
これは、6人程度の班ごとにあらかじめ下調べや準備をして、行きたいところやルートなどを計画し、それに従って行動をするというもの。

自由行動といえども「勉強」で行くので、基本的に寺社仏閣しか巡れなかったし、
事前に計画表を作って先生の許可をもらわなければならなかったから、なんでもアリというわけではなかったけれど。
自分たちで計画し、自分たちだけで、しかも初めての場所を行動するというのは、当時の私たちに非常にエキサイティングな、ドキドキ・ワクワクの体験だった。

さて、当時の学年主任は、あと数年で定年を迎える「イクジイ」というあだ名の社会科教師だった。
最近、孫の面倒を積極的にみるじいちゃんのことを、育児+爺で「イクジイ」と呼ぶのだそうが、
そういう意味では我々はすでに、時代の最先端を見越していたわけダ!
(ちなみに、当時はもちろんそんな意図はなくて、単に名前の一部をとってあだ名にしていたのだけど。)

イクジイは、風流を好むセンセイだった、と思う。
冒頭の、「金閣寺へなんか、行くなよ…」というせりふは、イクジイによるもの。
キンキラキンで悪趣味なだけ、とか、どうせ行くなら銀閣だろう、とか、
あんなのは田舎者のお上りさんがアリガタがるものだ、とか。
(ちなみにイクジイはよく、私たちのことを田舎者と言った。
東京でも多摩地区とよばれるこの地域は、たしかに昭和40年ごろに急速に団地ができてベッドタウンになるまでは、トトロが出没し狸が合戦をしているようなド田舎だった)
言い方は、高圧的なというよりは、アンニュイな感じで、気怠いというか物憂いというか。
独特の「間」と雰囲気のある話し方をするのも、生徒に人気があった理由なのだと思う。

まじめに足が生えたような私は、その言葉をまともに受け、
「金閣寺なんか、行くものか!」と堅く心に誓ったのだったが…。

そうなると、逆に
「金閣って、実際どうよ?」と気になったりもする。
見たらだめ、と言われると見たくなる。田舎者で結構、と開き直りもする。
平成6年には世界遺産にも登録されている。多くの外国人が見に来るのに日本人である自分が見ないなんて…。

…と、なんのかんのと理屈をつけて、とうとう行ってきました。
百聞は一見にしかず。
うん。
写真やテレビなどで見たとおりの、金閣でした。
すごいなー。
派手だなー。

そして、観光客がとにかく大勢、来ておりました!
修学旅行にチャイニーズにコリアンにアメリカーナ(?)に熟年ツアーと多種多様。
人の頭越しに写真を撮る感じでした…。

Cimg1285 Cimg1296
写真左: ほぼ正面から。池の無効に浮かぶ金閣
写真右: 金閣裏側。建物を遮っている松の木を敢えて入れてみました。

中尊寺金色堂しかり、秀吉の黄金の茶室しかり、東大寺の仏像が昔金ピカだったこと等々を思うと、
日本人の心には、「ゴールド」を至上最上の美と考え、建築物を金で飾るという美意識が、確かにあったのかな…などと、モットモラシク思ってみたり。
(あるいはゴールドが好きなのは世界共通で、日本人もまたその例外ではなかったと考えるべきなのか…)
それにしても、これだけ大量の金を屋外に野ざらしにして、夜中に侵入者に剥がされたりしないのかな…と、ツマラン心配をしてみたり。

正直、この後「何度も見たい」とは思うような感覚は湧かなかったけれど、
とりあえず、一度この目で見ておいてよかった、という自己満足。
中学の修学旅行で来るよりかは、今になって来てみて良かったのかな。
もしかしてイクジイは、そのあたりのことも、ちゃんと計算済みだったのかも知れない?!

| | コメント (0)

2012年10月26日 (金)

「今日は、天国です」

京都に行ってきました。
京都に行くことも数年ぶり。JR一本で行けるのはいいけど、片道2時間のプチ・トリップです。

それというのも、今回どうしてもお会いしたい人がいたので…

先日の記事でもご紹介した、犬塚さんご夫妻が露店を出されているというのを聞いて。
そして感動の、ご対面!!

本の著者である、芳美さんは
想像していたよりずっと小柄で、声もスポーツジャーナリストの増田明美みたいで、とても可愛らしい方でした。
そして、本の主役でもある夫の進さんの第一印象は、
もの静かで、優しく誠実なそう方でした。

露天が立ち並ぶ天神さんの道を、歩いて案内してもらったのですが、
そこにおられるだけで、ほっとするというか、安心できるようなオーラを感じました。

この日はお天気もよく、日差しがぽかぽかと暖かい日でした。
進さんに、
「外でお店をされていると、雨の日とか寒い日は、大変でしょう、お休みするのですか?」
と聞いたら、
「雨の日でもやります。暑さ寒さは何とかなりますが、雨の日はつらい。
外に出している品物を、全部中に入れなくてはならないです。」
と言われました。
「じゃあ、今日みたいな日は、良かったですね!」
というと、
「今日は、本当に、天国です…」と、穏やかな口調で、言われました。

天国、という言葉。日常ではあまり口にしない単語だったので、新鮮な驚きというか、
ある意味ずどん、と響きました。
一時は生死の境をさまよい、目が覚めたら障害を抱える身となり、
その後2年間に及ぶリハビリを経て、努力とがんばりの末に、やっとここまで来た…
そういうものを含めての、「今日は天国」であったのかなと。
(私の勝手な、都合の良い解釈かもしれませんが)

テントの角にお邪魔させてもらい、芳美さんからいろいろとお話を聞かせていただきました。
本には載せきれなかったエピソードや後日談なども…。
ときどき外国人のお客さんが見えては、
「私、英語ぜんぜんわからないから。ブロークンイングリッシュなの」
と言いつつ、とても親切に接客されていて、
(ちなみにお店は、アンティークの着物や帯、べっ甲の櫛などを売っています。)
その場にいるだけで、すごく心が和みました…。
はじめてお会いしたのに、とても親切にもてなしていただきました。
お陰ですっかり長居してしまいました。
私の人生にとっても、本当にいい一日でした。

| | コメント (4)

2012年3月18日 (日)

ご近所建物(ハコモノ)探訪

ある日、兵庫県H町に考古学博物館があるらしいというので、見に行ってきました。

Kokogaku

今回は常設展示のみで、入館料は大人200円。
それはそれは立派で、お金がかかっているなぁ~と感心しきりの施設でした。
平成19年にオープンしたとのことで、フロアや展示物も新しくきれいでした。
小学生にもわかりやすいように、イラストや大きめの文字で説明がされていました。
でも、平日だったせいか入場者もほとんどなく、
それでも人が近づくとセンサーが感知して大きなスクリーンに映像が流れたり、
土器や石器がたくさんたくさん並べられていたりして、
正直どうなんだろうなぁ~と思いました。
(今のところ入場者は年間目標値を達成しているらしいけれど、
たぶん近隣の市町村が学校単位で見学に来させているのでは…)

素人がこんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、
すべてを一同に展示するよりも、
もっと展示スペースをコンパクトにして、常に入れ替えをして、
来るたびに違う印象が得られなければ、また来たいとは思わないだろうなと。

また別の日、今度は同じく兵庫県A市にある文化博物館に行ってみました。

Akkurasi毎年この時期に「くらしのうつりかわり展」という企画展が開催されていて、そんなに人気の企画なら一度行ってみたいなと思っていたので。

今回は、企画展の割には比較的安い200円。
(企画の内容などによって入館料は変動)

昔懐かしいレトロな家具や家電などの展示で、
今回はその中でもテレビやラジオ、新聞など、「見たり聞いたり読んだり」するものにスポットが当てられていました。

昭和のお茶の間の様子が再現されていたりして、なつかし新しい感じで見て回りましたが…。

「えっこれだけ!?」というほど、展示数が少なかったです涙)

あとは、常設展示を見て回りましたが、こちらは先日行った考古学博物館と内容面でかなり、カブっていました…。

   :

このような公共のハコモノのすべてを否定するつもりはありません。
見学者に受ける=良い、という性質のものではありませんし、
民間の施設と違った役割(=郷土の財産を残す・伝える・育てる)もあると思うので。

強いて言えば文化博物館の方が、文化・芸術・歴史など扱う内容が幅広く、
次々に違った企画を打ち出している点で、魅力を感じました。
(来月は平山郁夫展があり…これはちょっと行ってみたいかも)

最近やっと、寒さがやわらいで出かけてみたいと思う気持ちが出てきました。
次はどこに行こうかな。

| | コメント (2)

2012年2月26日 (日)

カメきゃわうぃ~ね~☆

日和佐うみがめ博物館カレッタ に行ってきました!
120226092640

館内には、よくあるパターンですが
カメの剥製などが展示されていました。
120226093111

ウミガメにもいろいろ種類があり、それぞれ食性もちがったりして
なるほどね~とか思いつつぶらぶら見て回りましたが…

子ガメの飼育プールで目が釘付け!!
小さなカメたちが、こちらに向かって泳いできます。

120226093812 120226094019
人間になれているのでしょうか。
人のいる方に向かって、ついてくるように泳いでくる姿が
チョーかわいいです

120226094125 120226100041
少し大きめの子ガメも(写真左)、ミドルサイズのカメ(写真右)も、
私たちの様子に興味津々のご様子。

120226100117_2  120226100624
写真左:天井の上からも、私たちと一緒についてきています。
写真右:そして、屋外プールの団塊カメさんは…?

120226100631 120226100639
写真左:ゆっくりと近づいてきて…
写真右:顔を上げてご挨拶~!!カシコイですね
 

カメの姿を見て、かわいいと思ったことは初めてでした。
ウミガメは、顔の割に大きな目をしているので、
それも理由かもしれません。

毎年夏になると、野生のウミガメがこの付近に産卵にやってきます。
少しずつその数が減少しているのが気がかりではありますが…
今年の夏はどうでしょうか。たくさんやってきてほしいものです。

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

中道郁代さん

120121iy1週間前の話題になりますが、
1/21(土)、電車に乗って中道郁代さんのピアノ・リサイタルに行ってきました

中道郁代さんというお名前だけは昔から知っていたのでしたが、
これまでなんとなく縁がなくて。
でも今回は、たまたま年末にチラシをみて何となく(ビビっときて)行きたくなって。

本当は夫のkenbohと2人で行く予定で、
チケットも2枚手配していたのですが、
その日kenbohは体調をくずしてダウンしてしまいまして…
私も行くのをやめようかとも考えましたが、やっぱり諦めきれずに1人で電車に乗って行ってまいりました。
(kenbohも寝ていれば大丈夫そうだったので

最初はどうなるかな…と期待半分、不安半分で会場に行きましたが、
雨降りにもかかわらず会場は満員御礼状態でした。
やはり有名な人だから、お客さんの関心も高いのでしょうな~

演奏曲目はモーツァルトのソナタ(「トルコ行進曲」付)とベートーベンの三大ソナタ(悲壮・月光・熱情)でした。
演奏は、女性らしく優雅な感じで、指の動きがものすごくなめらかでした。
私も趣味でピアノを弾いてはいますが、やっぱり本物のプロの演奏は違うな~と
しみじみ感じ入りました…。

ポスターを見てもおわかりと思いますが、実際にお会いしてもおきれいで。
帰りにロビーでCDを買って、サインをしてもらったのでしたが、
何でもいいから一言話しかけようと思ったのに、見とれて何も言えなかった小心者の私…。

演奏以外の司会進行もご本人がされていましたが、
曲の解説やピアノの歴史、などのお話もおもしろくて、
2時間あまりの限られた時間でしたが、有意義で贅沢な時間となりました。
今回kenbohが行けなかったのは残念でしたが、また次の機会に。

| | コメント (0)

2011年11月30日 (水)

今年のもみじはイマイチ?

今年は11月に入っても暖かい日が続いたので、
紅葉の色づきはいまいち…とのこと。
でも、まったく見に行かないというのもさびしいので、近くの三木市のお寺に
紅葉狩りに行ってきました。
(写真はクリックで拡大表示されます)

1.最初に行ったのは、「慈眼寺(じげんじ)」という、曹洞宗の小さなお寺

111129115352 111129120306
写真左:入口の様子。ここは「もみじの回廊」といわれているそうです
写真右:もみじの回廊を抜けて入ると、正面に本堂があります

111129122422  111129121011
写真左:入口近くに大きなイチョウの木があり、地面が黄色いじゅうたんのよう
写真右:鼠小僧のお墓に続く小路。

小さなお寺でしたが、赤や黄色・オレンジ色のモミジが植えられ、
見る角度によっていろんな色彩が楽しめて、なかなかよかったです!

2.次に行ったのは、「別」墅山善祥寺(べっしょさんぜんしょうじ)」、
真言宗のこれまた小さなお寺

111129125009  111129130634
写真左:階段を上った先が本堂なのですが、この階段のところにある
赤いモミジが見事でした
写真右:かやぶき屋根のちいさなお堂。この手前のモミジもちょうど見ごろ

111129130803
このお寺は、赤のモミジがすごく鮮やかでした。
木によっては残念ながら、終わりかけているのもありました。

3.最後は「伽耶院(かやいん)」という、少し大きなお寺

111129133947  111129134149
写真左:重要文化財の多宝塔。背後のモミジは少し終わりかけかな…
写真右:多宝塔の一部(お賽銭箱のあるところ)、オレンジ色のモミジと一緒に

111129133556  111129134054
写真左:ねこみくじ。よく見ると色んな顔が描いてあっておもしろい
写真右:ちっちゃい鳥居とちっちゃいお堂と黄色いモミジ

三種三様、それぞれにお寺ごとの個性があって、面白かったです。
でも、個人的には一番慈眼寺(最初のお寺)が好きかなー

明日から12月、急に寒くなるみたいですが
皆様も風邪をひかないように気を付けて、元気に師走を駆け抜けましょう!!

| | コメント (0)

2011年7月 2日 (土)

ケータイのアジサイ

201107021053花の色が、白とびしてますがな…
デジカメを忘れて、激しく後悔。
ケータイでは、あんましきれいに撮れなかったです

これは、アナベルという品種のアジサイ。
少し緑がかった白い色で、ふっくらと丸くて、ほんわかした感じなのですが…。

実際のイメージは、こちらの写真を参照してくださいませ!

---

申し遅れましたが、今日は神戸森林植物園に行ってまいりました!
秋の紅葉と、初夏のアジサイが人気の植物園です。
アジサイはちょうど見ごろがピークを迎えました。350品種以上のアジサイがあるらしく、色とりどりの花が咲いている様子は、一見の価値あり
来週になると、ちょっと枯れてくるかも…できれば早めに、そして時間は午前中に行くことをお勧めします(午後になると、暑くて花がだれてきます)。

201107021132   201107021109
写真左:うす紫色のアジサイ
写真右:ピンクとブルーを一緒に

写真はクリックするとアップで表示します…といっても所詮携帯の待ち受けサイズまでですが。
1つの花をアップで撮るのも良いのですが、それではあまり面白みがない。
アジサイの咲く風景をいかに情緒的に表現するか…、そう考えるとやはりケータイのカメラでは力不足な感じは否めません。
どんなに良いカメラがあっても、腕がなければ意味がないのは承知しつつも、来場者の中には、大きなレンズをつけた高価なカメラと三脚持参の方も大勢いて、やはり、私もせめてデジカメぐらいは持って来ればよかったと後悔しました。

最近は、デジカメ並みの写真が撮れるケータイもあるようなので、次にケータイを買うとき(いつになることやら)には検討してみたいものですが…。

| | コメント (0)

2011年6月12日 (日)

明石子午線まつり

6月10日は「時の記念日」。
明石市は、日本標準時の子午線(東経135度)が通るまち、ということで
6/10~6/16を「時のウイーク」と称し、
6/12(日)には明石公園でメインイベント「子午線まつり」が催されました。

いつも一緒に山に行くお友達と一緒に行ってきました
(下の写真はクリックすると拡大表示します)

110612111426  110612110930
写真左: 立ち並ぶ出店と大勢のお客さん
写真右: 養父(やぶ)市のキャラクター、「やっぷー」もいました!?

また、写真にはありませんがフリーマーケットのコーナーもあり、
子供服の古着や手作りアクセサリーの店がた~くさん並んでいました。

生け花の展示をしていたので見てみましたが…

110612112426  110612112439 110612112610
最近の生け花って、斬新!!というかよくわからん…
ぜひクリックして拡大して見てください

そして圧巻は、火縄銃の実演。
岡山から鉄砲隊が来て、空包射撃の演武をしました。
110612103608  110612120153
写真左: 整列~!!
写真右: (座った姿勢で)一斉に打て!!

110612120331  110612103523
写真左: (立った姿勢で)順番に打て!!
写真右: 大将が大筒を発砲!

ほかにもダンスや音楽など、いろんなステージが企画されていたのですが
昼ごろから雨が降り始め、やがて本格的な雨にかわったため、
やむなく帰ることにしました。

帰りに明石駅のステーションプラザで、ちょっと高いコロッケを奮発して買って
帰宅後、家で遅い昼ご飯をいただきました。
今回はちょっと残念でしたが、貴重な鉄砲の演武を見ることができたので、
それだけでも行った甲斐がありました。

| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

ふたたび観覧車の中から

去年に引き続き、今年も千葉の甥っ子に会いに行ってきました!
(5/27(金)~5/29(日))

100502105423 
おっとまちがえた、これは去年の写真↑

110528145412  110528150428
写真左: 次男のチセ(2歳半)
写真右: 長男のカイ(5歳)

長男は甘ったれの泣き虫くん。でも、イイ子であろうと努力している
次男は我慢強くてほとんど泣かない。1人でトコトコどこまでも行っちゃう

こうしてみると大きくなりましたなぁ~(特に下の子)
私も年を取るわけだ!!

母親である妹は、ある意味すごいマイペースだけど、
このエネルギーの塊みたいなちびっこを相手に、よく頑張っていると思いました。
(私なら、1日でギブアップだわ)
だんな様は、平日は遅くまで仕事をしていても、家庭に協力的で、
今ドキの頼れるパパみたいです。

子供たちの手が離れるまでは、まだ10年以上先だけど、
明るく笑顔が絶えない家庭。応援していま~す!!
(…と、遠くからエールを送る姉であった(^.^)/~~~)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧