2013年6月24日 (月)

ヒミズ より 「軽口のバラード」

先日ツタヤレンタルDVDで見た「ツナグ」は、自分の中では☆4つくらいとすると、
この映画は、文句なしに☆5つだな、と思いました!

「ヒミズ」(監督/園 子恩)

前からずっと気にはなっていて、いつか見ようと思っていたのですが、
予告のイメージなどから、「暗くて重くて、救いのないストーリー」を想像していて
なかなか見る勇気が起きませんでした。
でも最近になってやっと、「そろそろ見ても良いかな」と思えるようになったので、
DVDをレンタル。
殴られシーンとか、ちょっと見て手辛いシーンもあったりするけれど、
最後は結構、希望が見える終わり方でしたね。よかったです。

夢とか希望って、全面にバーンと押し出しちゃだめなんだって
思いました。
テレビではも~う、本当に軽々しく連呼してますが(最近は「絆」とかも)、
あれはいけませんね。
暗闇の中に見えるからこそ、希望であり、
なかなか届かないからこそ、夢なのであり、
普段はまったく意識しないからこそ、絆なのだと思います。

さて、今回は、この「ヒミズ」で取り上げられていた詩、
ヴィヨンの、「軽口のバラード」を掲載します。
出典はこちらから↓
http://www4.ocn.ne.jp/~sas18091/Welcome.html

~~~~~

牛乳の中にいる蝿、その白黒はよくわかる、
どんな人かは、着ているものでわかる、
天気が良いか悪いかもわかる、
林檎の木を見ればどんな林檎だかわかる、
樹脂を見れば木がわかる、
皆がみな同じであれば、よくわかる、
働き者か怠け者かもわかる、
何だってわかる、自分のこと以外なら。

襟を見れば、胴衣の値打ちがわかる、
法衣を見れば、修道僧の位がわかる、
従者を見れば、主人がわかる、
頭を覆っているものをみれば、どこの修道女かすぐわかる、
誰かが隠語を話してもちゃんとわかる、
道化を見れば、好物をどれほどもらっているかがわかる、
樽を見れば、どんな葡萄酒かがわかる、
何だってわかる、自分のこと以外なら。

馬と騾馬の違いもわかる、
馬の荷か騾馬の荷か、それもよくわかる、
ビエトリスであろうとベレであろうと、知ってる女はよくわかる、
どんな数でも計算用の珠を使って計算する仕方もわかる、
起きているか眠っているかもわかる、
ボヘミヤの異端、フス派の過ちもわかる、
ローマ法王の権威もわかる、
何だってわかる、自分のこと以外なら。

詩会の選者よ、要するに何だってわかる、
血色のよい顔と青白い顔の区別もわかる、
すべてに終末をもたらす死もわかる、
何だってわかる、自分のこと以外なら。

~~~~~
これを、ヒロインの二階堂ふみが暗唱するところから
物語が始まります。
青春の、多感な時期にこういう詩に出会うとグッとくるんですよね。(私は谷川俊太郎だったかなぁ…)
あのころの、みずみずしい感性よもういちど… il||li _| ̄|○

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

ツナグ より 「最上のわざ」

今日はツタヤでレンタルしたDVDで、「ツナグ」を見ました。

テレビ局系の映画はたいていがっかりするものが多いのですが、
(先日見た「藁の楯」(日テレ系)は、かなりガッカリしたものでした…)
こちらは、なかなか良かったです!

その中で、樹木希林さんがつぶやいていた、
「最上のわざ」 という詩が印象に残ったので、
一部紹介します…

~~~~~~~~~~

最上のわざ

この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり、
働きたいけれども休み、
しゃべりたいけれども黙り、
失望しそうなときに希望し、
従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

若者が元気いっぱいで己が道を歩むを見ても、妬まず。
人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、
弱って、
もはや人のために役だたずとも、
親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物、
古びた心に、これで最後のみがきをかける。

まことのふるさとへ行くために。
おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは、
真にえらい仕事。
こうして何もできなくなれば、
それを謙虚に承諾するのだ。

(『人生の秋に』 ヘルマン・ホイヴェルス著 より抜粋)

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

5月の映画 -先祖になる-

さて、前回の続き、今日は映画の内容と感想です。

「先祖になる」
Senzoninaru

舞台は、震災後の陸前高田市。津波で多くの家屋が流され、多大な被害が出た地域です。
そして主人公は、山間の集落に住む、佐藤直志(なおし)さん、御年77歳。

震災の映画か…と思うと、見る側はどうも、暗い気持ちになってしまうのですが、
このドキュメンタリーはちがった!!

とにかくこの、格好良くて、チャーミングで、カッコイイじいさんなのデス!
(私、格好いい2回言いました?)

震災後39日目の自宅。
2階まで水が上がってきたという家の中は、物が散乱し、布団の上以外は土足で歩くほかない。でも家は流されず、梁も水平を保っていた。「これが気仙大工の技術!」直志じいさんは胸を張る。
そうはいっても周囲はがれきの山、消防団員だった長男も津波で失った。

役所の人や自衛隊の人が避難所に移るように説得に来るが、頑として聞かない。
「ここは祖先から受け継いだ土地だ。おれは木挽き(木こり)だから、水さえあれば火をおこして煮炊きも出来る。おれはここから離れない、行政の力は借りん!」

まぁなんという頑固じいさんでしょう!
奥さんは正直呆れ顔…、たしかにこんな亭主に付いていくのは大変かナ(笑)

ある日、町内会の寄り合いにて。
「もはや、町内会の活動どころではない。いっそのこと町内会を解体し、積立金をみんなに分配しては」
なんて意見がちらほら。
しかし、ここで直志さんは、
「ここでいくらかのお金を配って解散するのは簡単だけども…。でもおれは、夢だけど、もう一度この土地に、新しい家を建てたい。そしてこの町が元に戻っていくのを見守りたい!!」
と、みんなの前で復興宣言しちゃいました!
もう後に引けなくなったというか、自分を追い込んだのです。

そして、このじいちゃん、有言実行なところがまたスゴイ。
暖かくなって、山が緑に覆われると、荒れ地に蕎麦の種を撒き、土地を借りてさっそく田植えを開始。
そして、山に入っては家を建てるのに使えそうな木を伐りに行く。
で、その様子がまた、見事なまでの美しさ。
まず、幹の下側に、くさびのようなV字型の切れ込みを入れます。そして反対側に回り、先ほどのくさび型の切れ込みに向かって水平に伐ります。すると、どんなに大きな木も、くさびの方にまっすぐ倒れていきます。チェーンソー1本で、これほど正確に伐採できる人も、現在ではそういないはず…。

でもねぇ奥さんが、
愛想を尽かしたのか?出て行っちゃうんですよね。
といっても、すぐ近くの仮設住宅に移ったんですけど。
もし私が奥さんの立場だったら…
うーん、やっぱり仮設に行っちゃうかも。

たしかに、直志さん格好いいし、すごく応援したい気持ちにはなるんだけど。
女性としては、やっぱりご近所さんや友人たちと離れて孤立するのはつらい。
嫁に来た自分としては、どうしてもこの場所に
家を建てたいという気持ちではない…。

なんか、両方の気持ちが、それぞれによく分かるんですよね。
そして、2度目の春を迎え…
直志さんの夢は叶うのか?
奥さんはその後どうなるのか?
続きは映画館で!!

震災映画というより、とっても格好良くて元気で素敵なスーパーじいちゃんの姿を見てみてほしいと思います。
とっても、元気になりますよ。
そして、ちょこっとだけ、切ない。

-----
ここからは少し、まじめな話ですが…
この世代の、こういう強さをもった人、ある意味本当の日本人だなと思ったりします。
以前、別の監督のドキュメンタリー映画に出ていたのですが、報道写真家の福島菊次郎さんと同じにおいがするなぁと思いました。
直志さんと菊次郎さんは、生まれも育ちも全く違うのですが、
ものすごく物腰が柔らかくて、普段は話し方も穏やかなのに、
自分の意志というものをしっかり持っていて、これだけは曲げられない。
そして、有言実行で、ぶれない。

これからは、こういう男性がモテると思います!
世の男性は、必見です!もちろん女性もね♪

参考URL:
先祖になる 公式サイト(http://www.senzoninaru.com/
映写室「先祖になる」上映案内(http://eiganotubo.blog31.fc2.com/blog-entry-374.html

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

元町映画館

神戸の元町に、その名も「元町映画館」という、
ミニシアター系の映画館があることは
何となく知っていたけれど、
ミニシアターというと、やはり地味系が多いというか
(まぁ本来ミニシアターとはそういうものなのだけれど)、
結論からいうと、何とな~くきっかけがなくて。行かずじまいでした。

1月ほど前、職場の友人が
「元町の商店街に、ちっちゃな映画館があるんです!」
と話してくれた。
「本当にちっちゃくて、『ほんとうに映画館?』と思うような建物なんです」
と。このときは急に興味がわいてきたのだが、
でも、「機会があったらそのうち行ってみよう…」と、フェードアウト。

でもって、GWも後半の今日。
今年は、見事にな~んにも予定がなく(!)
昨日(5/3)は風邪を治すために1日中家でごろごろしていたので、
このままだと連休が無駄になってしまうと焦りつつ、
無い知恵をしぼって考えたところ、

ポトリ、と
元町映画館の記憶が。
さっそくネットで検索。見ると、5/4公開開始の映画があるではないか。しかも、監督の舞台挨拶付き!
今まで俳優や監督の舞台挨拶を実際に見たことがなかった。これは貴重な体験ができるかもしれない!!

というわけで、ひとり、ミーハー気分をひっさげて朝から電車に乗って神戸元町に向かう。
小さな映画館とはいえども、行けばわかるだろう…と、詳しい地図を持たずに。
実際に行ってから気づいたのだが、元町商店街を歩くのは、これが2度目。

で、迷う…。

まさか、こんな商店街のアーケードの中にあるわけがないと思って
道を1本はずしたのが運の尽き…。
同じ場所をぐるぐる回って、JRA場外馬券場の警備員の人に何度も場所を聞いて、戻ってきたら、
ほんとうに、商店街の中に、それはあった。
間口も決して広くなく、一見すると本屋さん?のような佇まい。
そして、11時開演なのに、着いたのが5分前。
既にほとんどのお客さんが中に入っており、もう席がない!とのこと。
こうなったら立ち見でもいいから中に入れてもらおうと思ったら、
運良く1つだけ空席があります、と案内され(内心ほっと一安心)、
中央の、ド真ん中の席に落ち着きまして…(。-_-。)

座席数は66、天井も低くて、
学校の、視聴覚教室を思い出したけれど、
この、手作り感たっぷりの小さな映画館に、40,50,60~世代のお客さんが
こうして足を運んで満員御礼なのが、無性にうれしくもあり。

で、また何といおうか。
こういうミニシアターを見に来る客層の、フィーリングが似ているのか、
同じところで笑い、同じところで涙、同じところで「ヘェ~」、と溜息…。

この小さな一体感がまた、心地よくて、
ものすごい充実感、良い時間を過ごせました!!
(この気持ち、判ってくれる人いるかなぁ…)

ちなみに、見た映画は「先祖になる」というドキュメンタリー映画。
こちらの感想は次回に。

参考URL:元町映画館(http://www.motoei.com/

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

4月の映画 -リンカーン-

ひとつお詫びが。

今年こそ、月に1本は映画館で見た映画をブログに載せるつもりだったのですが、
3月は見られませんでした!…m(__)mスミマセン

今月は、うっかり月末になってしまいそうなので、少し慌てて
「リンカーン」を見てきました。

もともと私は歴史があまり得意ではないので、リンカーンさんについては小学校で伝記を読んだ程度。
南北戦争についても「奴隷制度廃止の是非を巡っての争い」と、思っていたのですが、
この作品を見て、「北軍勝利による南北戦争の終結」と
「奴隷制度のおわり」がイコールでなかったことや、
奴隷の解放を意味する、「憲法13条の修正法案」を通すことに関しては
議会(もちろん北部にある)でも困難を極めたことなど、
「へぇ~」と思うことがいっぱいありました!

勇気と決断力がありながらも、優しさと暖かみのあるリーダー像としてのリンカーンを、
ダニエル・デイ=ルイスという俳優さんが演じていました。
特殊メイクの進化というのもあるのでしょうが、
まるで本人が乗り移ったのではないかと思うほどで…それだけでも見る価値あるかも。

迷いの多い現代のアメリカや日本の社会において求められるリーダー像とはなにか、
そして我々民衆にすべきことはなにか、
何かを得ようとするとき、必ず失う物があることを覚悟できるか、
それでも正しい道を突き進む勇気を持つことができるか、
スピルバーグはなぜ今リンカーンの映画を作ったのか、

そんなことを考えました。
思っていたのより少し地味目でしたが、最後はじわっと感動しました。

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

本・読んでますか?

今日は土曜日。
いつも休日は遅くまで寝ているんだけど、今日はちょっとだけ早起き。
(といっても7:30なので、「そんなに早くないし!」と言われるかな

雨戸を開けて、猫のごはんと水やり&トイレの掃除をして、顔を洗って。
NHK朝ドラ「あまちゃん」を見て、
パンをかじりながら「ニュース深読み」を見てたら、
「今年の本屋大賞」が紹介されていました。

ちなみに本屋大賞とは、
「本屋さんが選んだ、売りたい本!」だということで、
書店で働く店員さんの投票で決定するものです。
実行委員会の代表の浜本茂氏は、
「これは、アンチ直木賞なんです」と言っていました。
専門家が選んだ賞ではなくて、現場の書店の声を!というところが味噌なのでしょう。

2004年の4月に第1回目の大賞が発表されてから、今年で9回目となるこのイベント、
今年はやっぱり、というか、ぶっちぎりで

 『海賊とよばれた男』 (百田尚樹・著)講談社

でした。
実は私はここ数年ほとんどまともに本を読んでいなくて、
本屋さんに行ってもいつもパラパラ立ち読みで済ませてしまい、
たまに買っても短編集とか軽めのものばかりで。

このままではイケナイ、という気持ちも手伝って、
よし、ここはいっちょ、読んでみるか!!
という気になったのですが…

まだ、文庫化していませんでした!!
今の自分には単行本を買うのはちょっとハードルが高い…。
そんなわけで、海賊…はもうしばらくお預け。
代わりに、同じ作者の文庫 『永遠の0』 をネット予約しました。
本当は本屋さんで買えば良かったのですが。

朝、いつもよりちょっと早起きしたが為に、
本を買いました!
なんかちょっとイイかも…な1日。

参考URL:本屋大賞

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

2月の映画 -おじいさんと草原の小学校-&-レ・ミゼラブル-

今日は映画をハシゴしてきました。
まずは、予告を見てずっと気になっていた作品

-おじいさんと草原の小学校-
2010年公開の作品(イギリス)
明石駅前の東宝映画館で1300円にて上映(2/16~22)

世界最高齢の小学生としてギネス記録を持つ、キマニ・マルゲの実話を映画化したドラマです。
2003年、政府は小学校教育の無料化を実施、マルゲは84歳にして小学校に入学した。
学校を舞台にした、おじいさんと先生や子供たちとの心温まる交流…の部分と、
彼を苦しめる、若き日の記憶…家族を奪われ、強制収容所で拷問を受けた日々の部分が、
半々くらいに描かれていました。
彼がこの年齢で学校で文字を学ぶと言う行為は、
ただ単に高齢者が文字を習うという単純なものではなくて、
ケニアの過去を忘れ、葬り去ろうとする人たちに真っ向から立ち向かうことでもあり、
過去に打ち勝つため、そして未来に向かって進むための闘いでもあったのだと思いました。
映画を見るまで、ケニアがつい最近(1963年)まで英国の植民地だったことも知らず、
マサイ族とか国立公園とかナイロビは都会だとかいうイメージしか持たずに
のほほんとして生きてきた私でしたが、こうした映画のおかげで、
他国の歴史を知り、考えることができるというのは幸せです。

映画の最後に、マルゲがその後ニューヨークで演説をし、
2009年に没したと字幕表示されていました。
その後何となく気になったので、家に帰ってWikiで調べたところ、
N.Y.に渡って初等教育無料化の重要性を訴える演説をしたのが2005年、
そして、その後2007-2008年に「ケニア危機」と呼ばれる国内紛争があり、
それによってマルゲは家を焼かれ、資産をを失います。
2008年前半は難民キャンプから通学するも、その後強制的に退学。
老人ホームへ入居を余儀なくされ、
2009年に胃ガンで亡くなったとのこと…ちょっと、切ない感じを受けました。
同時に、つい数年前に起きたケニア危機のことも、
知らずに過ごしていた自分って…。
(もっと気をつけてニュースを見ていれば判ったかも知れないのに)

-レ・ミゼラブル-
去年の年末に1度見に行って、あまりに感動して「もう1度見たい!」と思っていたので。
少し時間をおいて見てきました。
1度目ほどではないけど、やっぱり泣いてしまいました。
内容のあらすじや素晴らしさは、今更語るまでもないのですが、
中には「ミュージカルはどうも馴染めなくて」とか、
「すばらしいとは思うけど今ひとつ入り込めなかった」といった意見や感想を持った人も
少なくないみたいで…。
魂が震えるほど感動して、むちゃくちゃ感情移入してしまった私は、その理由を
ずっと考えていたのですが、行き着いた結論はやはり、
「登場人物への共感」
これに尽きると思いました。
時代や環境は違っても、登場人物と同じような悩みや苦しみを味わったことがないと、
「歌がうまいなー」とか「昔は大変だったんだなー」で終わってしまうのはないかなと。

言い換えれば、
「あなたの心の中に、ジャン・バルジャンやフォンティーヌがいるかどうか?」

ということかと思うのですが!!
どうなんでしょう…。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

1月の映画 -東京家族-

今年の年賀はがきのお年玉くじが発表となりました。
私はいつもこちらのサイトからPCで確認しています↓↓↓

お年玉年賀はがき&かもめーる当選番号チェックサイト 大当たり
番号の下2桁を入力するだけなので、簡単です!

でも、今年は35通あったのに、1通も当選しませんでした!
なんか、だんだん当選しにくくなっているような気が(T-T)

気を取り直して、今日見てきた映画の紹介を…
今年は月に1回以上映画館で見るのが目標なので、毎月1本ずつ紹介できたらと思います。

Tkofmly「東京家族」 松竹

実は、最後まで、見ようかどうか迷っていた作品。
静かで、どこにでもいる家族の姿を描いた群像劇で、
ちょっと笑って、ちょっと泣ける…
監督は、寅さんでおなじみの山田洋次、音楽は久石譲。

でもそれって、あまりにも王道、というか、
寅さんシリーズや、ALWAYSや、おくりびと の延長みたい、というか、
大きく外れることはないだろうけど、新しさには欠ける気が…。
ほのぼのとした情感はあるけれど、大きく心が揺り動かされることはないだろうなと。

それでも結局、なんだか引き寄せられるように、見てしまいました。
瀬戸内海の小島に暮らす、橋爪勲 ・ 吉永和子 夫妻が
東京に暮らす息子や娘たちに会いに行くお話。
開業医を営む西村雅彦(長男)と、妻の夏川結衣、
小さな美容室を経営する中島朋子(長女)と、夫の林家正蔵、
父にとっては悩みの種であるフリーターの妻夫木聡(次男)と、彼女である蒼井優、
それぞれのキャラが際立っていて、
お話の登場人物というよりも、本当に、この人たちが家族なのではと思うほど、
リアリティを感じました。
「あ~、自分の周りにこういう人いるいる!」と納得したり、
「自分もこんなところがあるなぁ…」と当てはめてみたり。
それぞれに長所も欠点もあり、ぶつかることやすれ違いもあり。
でも、それらみんな含めて愛すべき人々であり、日本の家族でした。

感動の要因として、共感があるのだということも気づきましたね。
たしかに、心が揺さぶられる感動、というのはなかったけれど。
公開して間もないせいか、映画館はそこそこ混んでいて、
しかもシニア世代がすごく多かったんですが、
この世代の方って、映画を見ながら笑ったり、すすり泣いたりするタイミングが
ピッタリというか、劇場の雰囲気全体が映画と一体化していて、
私もその渦にどっぷり浸って、楽しい時間を過ごせました。

瀬戸内海の離島にも行ってみたいな!!

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

真冬の怪談はいかが?

突然ですが、私の弟が所属している人形劇団の紹介です。

名前は「人形劇団ポポロ」といいます。
総勢十数名の小さな人形劇団ですが、歴史があり(1972年に設立)、
昨年40周年の記念公演を行いました。

私の愚弟も、団長さんをはじめ劇団のみなさんに親切にしていただいてるみたいで、本当に感謝感謝です。
経済活動とか、権力競争とかいったものとは遠い世界のお仕事だけれど、誇りを持ってできる仕事なので…
ちょっとうらやましいです。

さてさて、そんな人形劇団ポポロが、来週大阪にやってきます。
演目は、小泉八雲の「怪談」より、「耳なし芳一」です。
有名なお話なので、知っている方も多いと思いますが…。
見所は、主人公の芳一が語る平家物語の一説、「壇ノ浦の戦い」のところでしょう。
琵琶と笛の生演奏にのせて語られるのですが、
(邦楽は特殊なので、プロの方が演奏されます)
これが、なかなかの迫力だそうです。

日時: 2013年1月13日(日) 13:30開演
(13:30、18:00と2回公演の予定でしたが、事情により13:30の1回公演になりました)
会場: 天王寺・一心寺シアター倶楽 (各線「天王寺」駅下車)
入場料: 先行予約 4,300円 ・当日 4,800円
(詳しくはこちら

ご興味のある方はぜひ!
ただし、大人向けです。小さい子供さんにはちょっと難しいかも。
私も行く予定です。

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

がんばれ明石東宝

201212051211明石東宝…明石駅から徒歩2分、スクリーンが1つしかない
昔ながらの(?)映画館です。

普段は「ドラえもん」や「プリキュア」とか、子供向けのアニメの上映が多いのですが、
ときどき(気づかぬ合間に)渋い、大人向けの作品も上映されていたりします。

先日、たまたま通りがかったときに張り出されていたのがコレ!

なかなかグッドなチョイスだと思いませんか?
ちなみにこの1つ前はあの名作、「サラの鍵」でした!

一般の公開から少し遅れているので、「見逃したかも?」と思っている人にもオススメ。
基本料金は少し安くて大人1700円(各種割引あり)

いつ行っても貸し切り状態なくらいにすいているので、お近くの方はぜひ、
行ってみてあげてください(笑)
てなわけで、私は近々「裏切りのサーカス」を見に行きます!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧